九州地方の電力自由化

電力自由化,比較,電気事業者,九州

電力自由化が2016年4月に始まりました。
新規参入を予定している企業はもちろんのこと、既存の電力会社も新規参入してくる民間企業に対して対抗することができるように準備をしているところです。

 

電力自由化が始まるのと同時に、電気小売り事業に参入する民間企業も新規顧客のために躍起になることが想定されます。
民間企業を選ぶ場合のコツとしては信頼できるところでありなおかつ資金力がある企業がおすすめです。

 

電気事業は初期コストが莫大にかかります。
初期コストを削減して発電所などを設置する企業だと電気の安定的な供給に対しては疑問です。
そのため、やはりそういった面で考えても資金力が大きな会社というのは重要なポイントになります。

 

既存の電力会社が強い

電力自由化,比較,電気事業者,九州

ちなみに九州の電気をカバーしている既存の九州電力でも新たに始まる電力自由化に向けた対策として新メニューを出しています。

 

長年にわたって九州地方の電気をカバーしてきた会社だけあって新規参入する企業でもなかなか太刀打ちできないのが実際のところです。

 

また、九州電力では地域に向けたさまざまな取り組みをしていることから会社としての信頼性が高いのも実際のところであります。
制度が始まった後もしばらくは電力自由化の波に乗って参入してきた企業を選ぶのを静観する人も多いと思われます。

 

電力会社と民間企業の争いが激化することは予想されています。
どれくらいシェアの奪い合いなるかというのは不透明な部分であり制度が始まって見えてくるものもあります。

 

Looopでんき

 電気も自然派で行こう【Looopでんき】
 あまった電力の売電にも、おトクをプラスする発想【Looopでんき】
・うれしい基本料金0円!お支払は使った分だけ!
・太陽光、風力、水力をはじめとする自然エネルギー
※解約手数料も0円!違約金ナシ!電気の品質・信頼性は今まで通り
>> まずは「料金シミュレーション」でどれだけお得になるか確認しよう!

Looopでんき


>>電気代も含めてお得になる電気事業者リストはこちらから確認できます!<<