発電でもっとも多い火力発電

電力自由化,比較,電気事業者,火力発電,特徴

これから電力自由化が始まるのに伴って参入が多いと予想されているのが火力発電を利用した電気の発生です。

 

日本で電気を発生させる方法としてもっとも多く取り入れられている方法でもあります。

 

他の発電方法に比べると効率性という点で優れていることが理由の一つとしてあります。
このように、事業として電気を売ることになるとコストパフォーマンスが重要なポイントになってくることを考えると火力を使った発電に分があります。

 

火力発電の原理を考える上で分かりやすいのが蒸気機関車になります。
今でこそあまり見かけることが無くなったので若い世代の人からすると分かりにくさもあるかもしれません。

火力発電とは?

電力自由化,比較,電気事業者,火力発電,特徴

火力発電のしくみを簡単にご説明します。

  1. まず、蒸気タービンというところを回転させます。
  2. そこで発生させた蒸気を冷やすことによって水に戻します。
  3. この工程を繰り返す

このような工程で電気を発生させていくのです。
冷やす工程で水を使用することから海が近いところに多く発電所が作られるのも特徴になっています。

 

電力自由化に伴う火力発電所の増加についてはいろいろなタイプが予想されます。
蒸気を使った方法だけでなく高温の燃焼ガスを生成して
タービンを回すことで電気を生み出すなど他にもいろいろな方法があります。

 

生活と結びつきが大きい電気ということもあってできるだけ電気にかかる費用は抑えたいポイントでもあると思います。
電力自由化に伴うメリットやデメリットなどをきちんと把握して損の無い電力会社選びをしましょう。

 

Looopでんき

 電気も自然派で行こう【Looopでんき】
 あまった電力の売電にも、おトクをプラスする発想【Looopでんき】
・うれしい基本料金0円!お支払は使った分だけ!
・太陽光、風力、水力をはじめとする自然エネルギー
※解約手数料も0円!違約金ナシ!電気の品質・信頼性は今まで通り
>> まずは「料金シミュレーション」でどれだけお得になるか確認しよう!

Looopでんき


>>電気代も含めてお得になる電気事業者リストはこちらから確認できます!<<