日本の地理を活かした水力発電

電力自由化,比較,電気事業者,水力発電,特徴

電力自由化に伴って電気が見直される機会も増えています。

 

日頃の生活では当たり前のように使っている電気も、自然に発生するものではなく、それぞれの発電所で発生させた電気を電力会社が売却することによって成り立っているものです。
今後は電力自由化に伴って電力会社以外の業者が参入することも予想されています。

 

電力自由化が始まるに伴ってさまざまな企業が参入を表明しています。

 

これらの業者はさまざまな方法で電気を作り出してそれを売却することによって事業にしていきます。
未知の分野ということもあって今後の展開は読めない部分もあります。

水力発電とは?

電力自由化,比較,電気事業者,水力発電,特徴

水力発電という発電方法は水を使って電気を発生させるための方法になっています。
日本の地理を活かした効率的な電気の発生方法として知られています。

 

仕組みとしては水を高いところから低いところに落とすことによって発電機を回します。
それによって電気を発生させるというものですが、発電機を回すだけの水となるとかなりの量の水が必要になってきます。

 

日本は傾斜が高い山地が多く、水も豊富にあります。
このような土地に水力発電所は建設されます。
そこで発生した電気を電力会社から買って使用している家庭も多くあります。

 

いろいろな発電方法や発電所がありますが、発生した電気は共通して同じ電気であるため、
使用する側は発電方法によらず違和感なく使用することができるようになっています。

 

Looopでんき

 電気も自然派で行こう【Looopでんき】
 あまった電力の売電にも、おトクをプラスする発想【Looopでんき】
・うれしい基本料金0円!お支払は使った分だけ!
・太陽光、風力、水力をはじめとする自然エネルギー
※解約手数料も0円!違約金ナシ!電気の品質・信頼性は今まで通り
>> まずは「料金シミュレーション」でどれだけお得になるか確認しよう!

Looopでんき


>>電気代も含めてお得になる電気事業者リストはこちらから確認できます!<<