風の力を利用した風力発電の特徴

電力自由化,比較,電気事業者,風力発電,特徴

電力自由化が目前に迫っている今日。

 

消費者側からすると自分で好きな会社を選んで電気を購入することができるという画期的な取り組みであります。

 

現状の電気代などに不満を感じている人も電力自由化によってより低い金額で電気を販売する業者に乗り換えることで直接的な節約効果も期待できます。

 

ただし、電力自由化は新しく始まる制度であり日本では例がないので、
慣れるまではそれぞれの業者も試行錯誤で動く部分があります。

 

これらがトラブルの発生リスクなども否めないことを考えると
しばらくは静観するという選択肢を取る人もいるかもしれません。

 

風力発電とは

電力自由化,比較,電気事業者,風力発電,特徴

電気を発生させるためにはそれ相応の装置が必要ですが、自然の力を利用した発電方法の一つに風力発電という方法があります。
太陽光発電と並んで自然再生エネルギーの利用価値が高いと言われています。

 

風力発電は風の力を利用して風車を回すことによって電気を発生させるというものです。

 

風が強い地域になると巨大な風車がたくさん立っている姿を見かけることも多くあります。
地理的な条件から風の強まりやすいところを中心に設置するのが普通なので、
風車があるということは風が強い地域であるということの現れでもあります。

 

また、最近は家庭向けの風力発電装置なども販売されるようになっています。
太陽光発電と違って夜間でも発電することができるメリットがあります。

 

一方で、風が吹いてない日は全く発電しないというデメリットもあるので
土地によって価値は変わってくるのが特徴になります。

 

Looopでんき

 電気も自然派で行こう【Looopでんき】
 あまった電力の売電にも、おトクをプラスする発想【Looopでんき】
・うれしい基本料金0円!お支払は使った分だけ!
・太陽光、風力、水力をはじめとする自然エネルギー
※解約手数料も0円!違約金ナシ!電気の品質・信頼性は今まで通り
>> まずは「料金シミュレーション」でどれだけお得になるか確認しよう!

Looopでんき


>>電気代も含めてお得になる電気事業者リストはこちらから確認できます!<<