リスクの高い原子力発電

電力自由化,比較,電気事業者,原子力発電,特徴

原子力発電による発電のメリットは、

コストが比較的かからない

といった点です。

 

一方デメリットは、

重大事故のリスクを伴う

ことから脱原発の声は根強くあります。

 

電力自由化で原子力発電はどうなる?

電力自由化,比較,電気事業者,原子力発電,特徴

電力自由化によって消費者は自由に電気を購入する会社を選ぶことができるようになります。
原子力に依存して無い企業から電気を買うことによって原子力発電の依存を減らすことができるというのがメリットとして言われています。

 

電力自由化が始まることによって原子力発電の依存を減らすことができるという専門家もがいます。
ただし、電力自由化によって自然エネルギーを使っているところの電気が必ずしも安く買えるというわけではないので実際に制度が始まってみないと分からない部分もたくさんあります。

 

原子力発電とは

電力自由化,比較,電気事業者,原子力発電,特徴

ちなみに原子力発電の仕組みは火力発電に似ています。
火力発電所で使用されているボイラーが原子炉に変わったもので、冷却をする必要があるので海が近い地域に発電所が設置されることが多くなっています。

 

原子炉ではウランを燃焼させることによって核分裂反応を発生させます。
それによって電気の生成に繋げているのです。

 

ウランは原子力発電において必要不可欠な燃料であり、これを束にしたものを燃料集合体と言います。

 

電気自体は、いろいろな方法で生み出すことができます。
電力自由化に伴ってどのような方法で発電された電気を選んで購入するのも自分次第です。
覚えておきたいのは、電気そのものの性質は発生方法によって変わるものではありません。

 

Looopでんき

 電気も自然派で行こう【Looopでんき】
 あまった電力の売電にも、おトクをプラスする発想【Looopでんき】
・うれしい基本料金0円!お支払は使った分だけ!
・太陽光、風力、水力をはじめとする自然エネルギー
※解約手数料も0円!違約金ナシ!電気の品質・信頼性は今まで通り
>> まずは「料金シミュレーション」でどれだけお得になるか確認しよう!

Looopでんき


>>電気代も含めてお得になる電気事業者リストはこちらから確認できます!<<