お金の面から考える

電力自由化,比較,電気事業者,信頼,お金

電力自由化が始まることもあって、新しく個人の家庭に向けて電気の売却を始めようとする企業の中も多くいます。

 

数ある企業が、それぞれの強みや電気代を武器に競争をすることで、消費者はより安くて質の良いサービスを受けることができるようになります。

 

これまでは電力会社から当たり前のように電気を買っていました。
電力会社が他の会社と競合するということも無かったので独占事業として長い時間をかけて電気の売却をしてきたのです。

 

そんな時代も終わり、民間企業の競争の潮流の中でシェアを失わないような対応が急がれるところです。

 

今現在、契約している電力会社を解約して他の企業に乗り換えようとする場合に
どのような理由で乗り換えるかというのは人によって違う部分でもあります。
やはり多いのは今よりも電気代が安くなるところに乗り換えるというものです。

 

業者によってはそれほど安くならない場合も

電力自由化,比較,電気事業者,信頼,お金

電気料金が安くなるということは生活費を直接的に節約することが可能になるということにも繋がります。

 

でも実は、参入してくる企業に乗り換えることが決して安くなるとは限らないのです。
場合によっては電力会社でそのまま契約している状態の方がトータル的な面で考えた場合に費用がかからないこともあります。

 

電力会社は電力自由化が始まってもこれまで通りのシステムで電気を売ることができます。
一方、新規参入してくる企業というのは始めるにあたってかなりの初期コストがかかることになります。

 

初期コストがかかってしまうことによって電気代の安さに還元することができなくなるということが理由に挙げられます。

 

Looopでんき

 電気も自然派で行こう【Looopでんき】
 あまった電力の売電にも、おトクをプラスする発想【Looopでんき】
・うれしい基本料金0円!お支払は使った分だけ!
・太陽光、風力、水力をはじめとする自然エネルギー
※解約手数料も0円!違約金ナシ!電気の品質・信頼性は今まで通り
>> まずは「料金シミュレーション」でどれだけお得になるか確認しよう!

Looopでんき


>>電気代も含めてお得になる電気事業者リストはこちらから確認できます!<<