発電された方法を知る

電力自由化,比較,電気事業者,信頼,発電方法

電力事業を始めるにあたっては、火力発電所や水力発電所など大規模な電気を生む施設が必要になります。そのため、一般企業が参入する場合は、日本においては大企業が有利とされています。

 

日本では元々、全国を大きく10に細分化して、それぞれを管轄する電力会社があります。
そこから電気を買い取ることで家庭や仕事に必要な電気を供給していました。

 

しかし、これから電力自由化が始まることによって既存の電力会社だけでなく、
新たに参入する一般企業からも電気を購入することができるようになります。

 

このように多くの企業が新規で入ってくることから価格争いが起こることは必至となっています。
消費者にとっては今よりも電気料金が安くなるということにメリットを感じている人もいるようです。

 

しかし、競争によって金額が下がるのではなく反対に値上がりする可能性もあるということを念頭に置いておく必要もあります。

 

発電方法も選べるように

電力自由化,比較,電気事業者,信頼,発電方法

また、数多くの企業が入ってくるので電力自由化が始まった後にどのような企業を選んで行くのかが悩むポイントの一つにもなってきます。

 

それぞれの企業がどのような形で電気を発電しているのかということを考えて選ぶのも方法としてあります。

 

電気の発生方法は一つではなくいろいろあります。

  • 原子力発電
  • 火力発電
  • 水力発電
  • 太陽光発電
  • 風力発電

など人間の技術や自然を力を使った発電などの方法もあります。
少しでも電力自由化で地球にやさしい環境を考えるのであれば自然エネルギーで生成された電気を使うことをおすすめします。

 

Looopでんき

 電気も自然派で行こう【Looopでんき】
 あまった電力の売電にも、おトクをプラスする発想【Looopでんき】
・うれしい基本料金0円!お支払は使った分だけ!
・太陽光、風力、水力をはじめとする自然エネルギー
※解約手数料も0円!違約金ナシ!電気の品質・信頼性は今まで通り
>> まずは「料金シミュレーション」でどれだけお得になるか確認しよう!

Looopでんき


>>電気代も含めてお得になる電気事業者リストはこちらから確認できます!<<